A.H様☆ルナージュヒーリングでの出来事/ある宗教の神に守られていた

お客様感想と出来事

A.Hさんルナージュヒーリングでの出来事

ある日A.Hさんのルナージュヒーリングを行ったとき、肩の重み(痛み)が気になると言っていました。

なぜか空気もとても重く何だろう??と目を向けると、何かの大きなエネルギー体が見えました。

とある宗教の神

顔はハッキリ見えないのですが、人間ではありません。

白い服を着て鈴を持っていました。

Aさんに話を聞くと、旦那様の家系がとある宗教に入っていて、結婚をしてからAさんもその宗教に関わるようになったとの事でした。

その宗教に関わる神らしきエネルギー体。

これは人間が作り出した神という名のエネルギー体です。

このエネルギー体はいくつもいるようで、担当が決まっているようです。

調べてみると、この神はAさんの運気を下げている原因のひとつだったようです。

なので、波動を上げた状態で

『私は関係がないので守ってもらわなくて良いです。』

と伝えてもらうと、どこかに消えました。

これは、そのエネルギー体よりも波動が高い状態でなければ出来ません。

そのエネルギー体がいなくなった途端、

視界が明るくなり、重かった空気が一気に軽くなりました。

Aさんも、そのエネルギーの違いが体感としてわかったようで、とても驚いていました。

A.H さん
本当に軽くなった!!視界も明るくなってビックリです!

このように、見えない存在に守ってもらっている事で運気が落ちている場合もあるので、むやみに神というエネルギー体に守ってもらったり、願いを叶えてもらおうとすると危険な場合があるので気をつけなければいけません。

A.Hさんの場合は家系がそうであるだけで、この神に守ってもらおうとしていた訳ではありませんが、関わっていたことで一方的に守られているような感じでした。

神って??

神社などで自分の欲望をお願いし、それが叶ってしまったらとても怖いです💦

何かの取引をしてしまっている可能性もあるので気を付けなければいけません。

願う場所には十分気を付けなければいけません。

昔から、神の怒りを静めなければ災いが起きるなどといって儀式を行ったりしていた人もいますが、人が願うエネルギーで存在しているエネルギー体もいます。

なので、儀式を行わなければ実際に災いが起きたりします。

それはその神というエネルギー体が存在し続けるために行わせているだけです。

ちなみに、天界の神は簡単に言えば現場監督のような存在です。

基本は見ているだけですが、見ているだけだとつまらないからたまに手を出す。

しかし、基本はどんな感じか見ているだけの気まぐれさんなのかもしれませんね(*^-^*)

神にお願いする場合は人の欲望は叶えてくれません。

ただ、その人に必要だと思った願いに関しては叶えてくれる場合があります☆

コメント