メッセージ【口は災いの元】

【ライトワーカー】月のルナのスピリチュアルブログ

今日は、誰かに必要なメッセージというテーマでリーディングをしてブログを書いています。

内容を読んでピンっとくる方、全部の内容じゃなくても、ワンフレーズ気になった言葉があった方はアドバイスをヒントに意識をしてみてください(^^)

ブログを書こうと思い、ふとテーマを決めてみようと、リーディングしてみました。

すると急に口の中がピリピリっ!

『えっ!痛い🥵何これ?』っと思い、痛みについてリーディングしてみると、

【口は災いの元】というワードが。

口は災いの元に対して意識を集中して、詳しくリーディングしてみまして。

※浮かんできた内容そのまま手が動くままに文章を打ち込んでいます。

〜メッセージ〜

相手がいないところだからといって、思いやりのない言葉を発したり、悪口、愚痴、暴力的な言葉を言っている人。

時には相手を目の前にして感情的に言葉を発してしまう人。

相手の名前を言う、相手をイメージして話すだけで相手と繋がっています。

つまり、相手を目の前にしていなくても相手に言っているのと同じです。

それは攻撃的な言葉を発している場合、相手に攻撃をしている事と同じ場合もあります。

被害者意識であったとしても、加害者だという事です。

それは言葉として発するだけでなく、心の中で言う事も含まれます。

つまり、攻撃する事、される事が当たり前という概念がある場合、その連鎖は終わらない可能性があります。

もちろん我慢をするのではなく吐き出す事は大切ですが、それを無視しているとまた同じ事を繰り返してしまう場合があります。

無視をしている事自体が我慢をしている事に繋がります。

『何故こんな感情・言葉が湧き出てくるのだろう?』

この世はエネルギーですべて繋がっています。

思いやりのない言葉に対しては、そんなつもりはなかったとしても、自覚がなけらば何を言ってもいいというわけではありません。

どれだけ悪魔のせいだとしても自分がやっていること、自分が言っている事には変わりはありません。

闇のせいにばかりしてはいけません。

その闇を引き寄せているのは自分の心です。

その状態を良くしようと本気で思わなければその癖は治りません。

そして、優しい言葉に踊らされてはいけません。

浮かんでくる言葉、発する言葉、怒りの感情に目を向けて、原因を知る事が大切です。

誰かや何かに手を差し伸べられ、手を引っ張ってもらうのを期待するのではなく、自分の足でしっかり立つ気持ちが大切です。

コメント