前世の記憶【シスター】

【ライトワーカー】月のルナのスピリチュアルブログ

小さい時、前世の記憶が少し残っていました。その前世が【シスター】でした。

シスターのように布で頭を覆って『私の姿はこうなんだけどなぁ』と一人で考えていました。

小さい時一番好きだった映画は【天使にラブソング】でした♪

とても記憶に残っている前世の映像があります。

真っ暗な教会に一人、

白い寝衣姿で小さな小窓から見える月を眺めています。

泣きながら強く何かを願いました。

その映像がずっと記憶に残ったままでした。

大人になって前世を見る方法を習ってから、その時の事を鮮明に思い出す事ができました。

とても強く願ったこと、それは『両親に会いたい』ということでした。

神様がなんとかしてくれる。と思って神様任せにしていました。願っても願っても叶わないので、何でよ!と。神様はいじわる。とか思っていたようで。

神様は願いを叶えるためにいるのではないということ。願いを叶えるのは神ではなく、自分自身。神はそのサポートはしてくれます。叶わなかったのは、自分自身が何も行動しなかったから。

天界の流れをしっかり見てその流れに乗って行動する事。※詳しくはルナージュヒーリングでお伝えしている内容になります。

たくさん書き換えなどをしました。

いろんな前世がありました。

書き換えをすると意識が変わります。ただ、書き換える前の記憶が薄くなってあまり思い出せなくなってしまいます。

でも、それでいいんだと思います。

忘れないように。とメモを残しておいて読み返した時、イメージすることによって、せっかく変わった意識が逆戻りしてしまう場合もあるので、書き換え等はメモはしなくていいかもしれません(^_^*)

やった事は潜在意識の中に残っているので、私はメモは読み返しません。

その時の要点などをまとめるためにメモを取る時もありますが、必要なデータは、会話の中で必要な時にポンっと思い出します。

覚えておかなければいけない事は、今後どう意識するか?や、課題など。そういう内容はメモに残して読み返したほうがいいと思います(*^^*)

コメント