自分の中のスイッチを外す!

【ライトワーカー】月のルナのスピリチュアルブログ

最近いろんな方のお話を聞いていて思ったのは、【心を開くこと=自分の闇を見せること】だと思っている人が多いと感じました。

私の感覚だと、心を開くというのは、光とか闇とかではなく、作らない自分で相手と向き合う事なのかなと思います。

自分の闇を人に見られたくない。といって闇を隠そうとしてしまう方もいますが、闇を隠そうとしているのは闇のほうなので光の感覚で闇に目を向けると闇を見られるのが怖くなくなります。

人に良く思われたいとか、傷つけたくないとか。気にしながら人と接してしまうのは闇のほうなので、空回りをしてしまったり、思うようにコミュニケーションがうまくできなかったり、疲れてしまったりしてしまうのかな。と思います。

どんな時でも作らない自分でいることができたらとても楽かと思います。

自分の中にスイッチがあると、スイッチをOFFにしたとたん抜け殻のように力が入らなくなってしまったり、疲れがどっと感じてしまったりするので、スイッチというのは必要ないのかなと思います。

仕事のスイッチや、友達と遊ぶときのスイッチ、恋人といるときのスイッチなど。

どんなときでも作らない自分でいることが精神の安定にもつながるにかなと思います。

▼告知▼

名古屋サロンお披露目会

日時【8月8日(土)・9日(日)/11:00~17:00】

名古屋駅から徒歩10分

サロン無料開放いたします*ぜひ遊びに来てください(^^♪

お問い合わせはこちらから

コメント